2012年12月23日

第2回 北三陸くじ冬の市

第2回 北三陸くじ冬の市
晴天に恵まれた12月23日、やませ土風館周辺の中心市街地で第2回北三陸くじ冬の市が開催されました。

第2回 北三陸くじ冬の市
本部前に尋常でないレベルの大行列ができています。アワビの格安販売が始まったようです。

第2回 北三陸くじ冬の市
アワビのバター焼きも1個500円で販売され、こちらも道路までいっぱいの長い行列でした。

第2回 北三陸くじ冬の市
炭火でじんわり焼きあげられたイカ焼きも、寒い季節に食べるとひと味違います。

第2回 北三陸くじ冬の市
歴通路広場のRED CHILIでは、冬の市限定のとろ〜りチーズのトマトもつ鍋が販売中でした。

第2回 北三陸くじ冬の市
RED CHILIの味はいつもインパクトがあるなと思っていますが、今回もRED CHILIらしい味でした。
甘さと酸っぱさの存在感を両方しっかり感じるトマトソースが、もつにじんわりとしみ込んでいます。それなのに、もつをはじめとした素材そのものの味や風味も消えていません。さすがです。

第2回 北三陸くじ冬の市
そんなRED CHILIから新登場なのが、草もっちりあんまん
つぶあんの食べ応え感、ねりあんのねっとり感、草もちのとろとろ感、この3つをアツアツで食べます。
おいしいを通り過ぎて、もうアートです。これはヒットの予感。生地の厚さがちょうどいいことも特筆です。

第2回 北三陸くじ冬の市
こちらは、(株)街の駅・久慈の豪華特選YAMI鍋。毎回その企画センスには脱帽ですが、今回はどんな驚きがあるのでしょうか。

第2回 北三陸くじ冬の市
正直ぶっ飛びました。豪華すぎ!(^O^)
久慈地域の有名な豪華食材がふんだんに使われているだけでなく、それを歴通路広場とレストラン山海里から調達するというこだわり。これを食べないで帰るのは一生の後悔になるので、食べてみました。

第2回 北三陸くじ冬の市
正直ぶっ飛びました。いいんですか?(^O^)
豪華食材がごろごろと大きなまま入っています。アワビもウニもホタテもです。さらにこの中にまめぶが入り、それを中華スープでまとめるという斬新さ。味は大満足。心は幸せなり。

第2回 北三陸くじ冬の市
新山根温泉べっぴんの湯では、山根伝統の味軍配もちを販売中でした。
先日発売された桑イチゴクッキーが大好評ですが、また新商品が出たようです。

第2回 北三陸くじ冬の市
雑穀いなきみが入った手作りスティッククッキー。べっぴんの湯らしいやさしい商品です。

第2回 北三陸くじ冬の市
黄色い粒がいなきみ。サクサクとしたクッキーを食べると、カリカリとしたいなきみを感じます。スティック状のクッキーが陶器の器に入っているので、袋から出してそのままパソコンの横に置いてつまむのにもいいです。今もそうしていますが。

第2回 北三陸くじ冬の市
やませ土風館の多目的ホールでは、ちぎり絵づくりが行われていました。

第2回 北三陸くじ冬の市
来年の干支がテーマです。素朴な雰囲気で、なかなかいいものです。

第2回 北三陸くじ冬の市
やませ土風館にあるレストラン山海里。開運丼、琥珀丼、漁師なげこみ丼と数々のご当地丼を食べることができますが、先日新発売の海女丼も人気のメニューです。
くわしくは、こちら → レストラン山海里

第2回 北三陸くじ冬の市
新巻鮭が並ぶ市日通り。もうすっかり年末の雰囲気です。

第2回 北三陸くじ冬の市
昔から厳寒地であった久慈市には、おいしい冬の保存食がたくさんあります。特に久慈市は冬の間は空気が乾燥する日が多いので、魚介類の干物の味が良いと言われています。新巻鮭はその代表的なものと言っていいでしょう。

北三陸くじ冬の市、次回は平成25年1月13日(日)10:00〜14:00「厳冬市」です。
寒さと味が比例する久慈市なので、またまた楽しみな日になりそうです。

posted by パスイーグル at 15:06 | 岩手 ☀ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

第4回 北三陸くじ冬の市

第4回 北三陸くじ冬の市
今季ラストとなる4回目の北三陸くじ冬の市。開始前には、市日にテレビ生中継も入りました。

第4回 北三陸くじ冬の市
今回の主役は毛ガニ。ひと回り小ぶりですが身がぎっしりと詰まっており、蟹みそも濃厚な味です。

第4回 北三陸くじ冬の市
毛ガニ汁が1杯200円。販売開始前から長い行列になりました。

第4回 北三陸くじ冬の市
ちょっとよくわかりませんが、かなりの量の毛ガニが入っています。汁というよりは鍋に近いです。恒例の毛ガニの格安販売では、30分で完売になったそうです。

第4回 北三陸くじ冬の市
歴通路広場では、ご当地グルメ横丁を開催。毛ガニにちなんだイベントも行われました。

第4回 北三陸くじ冬の市
毛ガニの一本釣り。コツがいりますが、2分間で5ハイも釣った人もいました。

第4回 北三陸くじ冬の市
何はともあれ寒いので、暖をとりながらの撮影です。

第4回 北三陸くじ冬の市
今日は十和田のミネラルウォーター「ラビアン」がついてくることを宣伝中の貴公子様。
バラ焼きなのでベルバラです。うしろののれんにもバラが見えます。

第4回 北三陸くじ冬の市
十和田のご当地グルメ、十和田バラ焼き。牛バラ肉とタマネギを甘めのタレで調理したものですが、この調理は「焼きしめる」と表現されます。
ご飯との相性が絶妙で、やや半生気味の肉厚タマネギがまた最高です。肉もおいしいですがタマネギのこの味は感動しました。十和田に行ったら探してでも食べたいと思います。

第4回 北三陸くじ冬の市
横手のご当地グルメ、横手やきそば。モッチリ系の太麺に甘じょっぱい味付け。目玉焼きを崩して食べると、これが横手やきそばの味になります。
安心して食べることができるおいしさで、さすがは定番グルメです。

昨年の11月から今回まで計4回開催された北三陸くじ冬の市も、今季はこれで終了。次回は今年の11月の予定です。

posted by パスイーグル at 15:53 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「朝だ!生です旅サラダ」に久慈の市日が登場

「朝だ!生です旅サラダ」に久慈の市日が登場
毎月3と8のつく日に久慈市で開催される市日。この日は、岩手朝日テレビ(朝日放送系)の「朝だ!生です旅サラダ」で、久慈市の市日が全国に紹介されました。

「朝だ!生です旅サラダ」に久慈の市日が登場

「朝だ!生です旅サラダ」に久慈の市日が登場

「朝だ!生です旅サラダ」に久慈の市日が登場

「朝だ!生です旅サラダ」に久慈の市日が登場

「朝だ!生です旅サラダ」に久慈の市日が登場

「朝だ!生です旅サラダ」に久慈の市日が登場

posted by パスイーグル at 13:07 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

第3回 北三陸くじ冬の市

第3回 北三陸くじ冬の市
氷点下5℃。始まった直後は晴れていましたが、次第に大粒の雪が落ちてきました。
第3回北三陸くじ冬の市、ご当地グルメをずらりと取り揃えての開幕です。

第3回 北三陸くじ冬の市
新春もちつき、お年玉付きもちまき、そして神楽舞いなどで賑わいます。

第3回 北三陸くじ冬の市
ご当地グルメを味わう前に、まずは体を温めます。たっぷりのホイップクリームにチョコをトッピングしたホットコーヒー。その場で豆からいれるので、コーヒーの風味が生きています。
前回の冬の市のときにすっかりファンになり、またもや飲んでしまいました。今回も代官山の味でした。

第3回 北三陸くじ冬の市
まめコロどん定食。これは、久慈まめぶ汁と北上コロッケといわてまち焼きうどんの3種を一度に味わえる格安メニューです。今回は食べたいものが多いので、こういうサービスは大歓迎です。
やはり、有名なものは味にセンスがあります。ただ者ではない味なので、今回もおいしくいただきました。

第3回 北三陸くじ冬の市
こちらは、八幡平あぶら汁と蕎麦かた焼きそばのセット。炒めた豆腐が入っているあぶら汁は、あっさりの中にこってりが入っている不思議な感覚。蕎麦のかた焼きそばは硬さもちょうど良く、甘しょっぱさがいいかんじです。わさびを入れるとさらにおいしくなります。

第3回 北三陸くじ冬の市
二戸のへっちょこだんご。舌で感じるだんごの繊維感が最高です。あんこの甘さも程よく、まったりできる味です。今回はオマケにせんべいも付いてきました。

第3回 北三陸くじ冬の市
いちのせきハラミ焼き。鳥の首の部分の肉を使用していることもあり、肉の食感が淡白です。それでいてうま味も感じ、これはまた食べたい一品でした。

第3回 北三陸くじ冬の市
短時間のうちに1cmは積もりました。風も吹いてきて軽く吹雪状態です。

第3回 北三陸くじ冬の市
やませ土風館の中では、姉妹都市交流ランドが開催されていました。

第3回 北三陸くじ冬の市
琥珀絵を衝動買い。樹木の葉の部分に小さな琥珀がたくさん貼られています。
横のお菓子はオマケにいただいたベルギーなどの外国のお菓子ミックスです。

第3回 北三陸くじ冬の市
前回好評だったお菓子のつめ放題。袋が破けないように上手に詰め込みます。

第3回 北三陸くじ冬の市
完璧です。これだけ入るのなら、自分も参加したいほどでした。

第3回 北三陸くじ冬の市
歴通路広場では、ゆげみわこさんのライブも行われました。今回の冬の市は、中身がすごく濃いです。

第3回 北三陸くじ冬の市
市日通りでは、季節の食材や生活用品などの店がたくさん出ていました。
乾燥した冷たい自然の空気の中で干された魚の干物は、うま味が凝縮していて冬の郷土食となっています。中でも新巻鮭は定番中の定番です。

第3回 北三陸くじ冬の市
北日本銀行駐車場では、何やら行列のもよう。

第3回 北三陸くじ冬の市
山形村短角牛ちょいフィレステーキ1食100円。撮影を中断してでも並んで食べたかったのですが、今日はあまりにもたくさん食べすぎました。もう入りません。無念。

第3回 北三陸くじ冬の市
食べすぎだニャ。
やませ土風館に最近よく現れるネコに忠告をいただきました。すごく馴れているネコです。

冬の市開催期間はどうしても少し太るのですが、今回もやはり太りそうです。おいしいものがありすぎです。最高です。

北三陸くじ冬の市、次回は平成24年2月18日(土)「海鮮市」 です。
久慈ならではのど真ん中企画、また満腹になりそうです。






posted by パスイーグル at 16:22 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

第2回 北三陸くじ冬の市

第2回 北三陸くじ冬の市
最大瞬間風速17.3m/s。台風並みの強風が吹き荒れる中、第2回北三陸くじ冬の市が始まりました。

第2回 北三陸くじ冬の市
超目玉のアワビのバター焼き。500円で1個丸ごと食べることができます。

第2回 北三陸くじ冬の市
こちらでは、磯の香りたっぷりのアワビのお吸い物を販売中。

第2回 北三陸くじ冬の市
絶妙な塩加減で、おいしくいただきました。

第2回 北三陸くじ冬の市
(社)久慈市観光物産協会の「どんこ汁」。久慈の冬の定番メニューです。

第2回 北三陸くじ冬の市
うにめし、ほやめしで有名な海ごはん浜やの「おっきい焼き鳥」。香り高いハーブとパンチの効いた唐辛子で、これはヒットの予感。

第2回 北三陸くじ冬の市
三鉄くんとアマリン、そして地デジカも登場した12時からの大もちまき大会。地デジカは長身なので、土風館のイルミにツノを引っかけるハプニングも。

第2回 北三陸くじ冬の市
(株)街の駅・久慈提供の「どこでも珈琲」。注文が入るごとにこだわりの豆から1杯ずつ淹れる本格派コーヒーです。トッピングのホイップも好評で、チョコソースなどの無料トッピングサービスもうれしいサービスです。

第2回 北三陸くじ冬の市
甘党にはたまらない風味。代官山のカフェの味でした。まさに至福の極み。

北三陸くじ冬の市、次回は平成24年1月28日(土)10:00〜14:00「ご当地グルメ大集合」です。
またまた楽しみな日になりそうです。

posted by パスイーグル at 16:53 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする