2014年11月23日

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市
快晴の暖かな気候の中、今年も北三陸くじ冬の市が始まりました。
北三陸くじ冬の市は、毎年11月、12月、1月、2月の計4回行われる久慈市のおいしい楽しい冬のイベントです。

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

第1回 北三陸くじ冬の市

次回の北三陸くじ冬の市は、12月23日(火・祝)10:00〜14:00です。

[ここに地図が表示されます]
posted by パスイーグル at 15:58 | 岩手 ☀ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

今年も北三陸くじ冬の市

今年も北三陸くじ冬の市

久慈市の冬の代表的なイベント北三陸くじ冬の市の季節到来です。
今年も、おいしい楽しいうれしいが満載の北三陸くじ冬の市を満喫しましょう。
第1回北三陸くじ冬の市は、11月23日(日・祝)10:00〜14:00です。

[ここに地図が表示されます]
posted by パスイーグル at 11:45 | 岩手 ☔ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

第4回 北三陸くじ冬の市

第4回 北三陸くじ冬の市
大雪の名残りの中、今季最終回の第4回北三陸くじ冬の市が開催されました。

第4回 北三陸くじ冬の市
歩道もまだまだ雪の間を歩く状態です。

第4回 北三陸くじ冬の市
今回の主役は毛ガニ。身がぎっしりとつまった旬の味が格安で販売されます。

第4回 北三陸くじ冬の市
おそらくシーズンを通して最も安い価格で販売されるとあって、5杯6杯と次々に売れていきます。毛ガニは生きていますので、今回の場合は5匹6匹です。

第4回 北三陸くじ冬の市
すぐ食べられるように、茹でた毛ガニも販売されました。カニみその香りが会場内にあふれます。

第4回 北三陸くじ冬の市
アイドルの握手会のような並び方になりました。

第4回 北三陸くじ冬の市
12時から始まった毛ガニ汁の販売。100杯限定200円とあって、こちらも長い行列ができました。

第4回 北三陸くじ冬の市
北上コロッケなど4店のご当地グルメが出店し、歴通路広場も人出が多くなっています。

第4回 北三陸くじ冬の市
1回1000円で出た目の数だけ毛ガニが買えるサイコロゲーム。水槽の中では大型の毛ガニが待機中で、この大きさならかなり安いかもしれません。

第4回 北三陸くじ冬の市
やませ土風館では、あまちゃんのど自慢大会が行われました。歌うほうも聴くほうも大変な盛り上がり。

第4回 北三陸くじ冬の市
この日のための凝った衣装は、保育園の先生の手作りだそうです。

第4回 北三陸くじ冬の市
中町イベント広場では、巨大な雪のすべり台が登場。大雪で巨大になりました。

第4回 北三陸くじ冬の市
こちらも巨大な雪の家。中はどうなっているんでしょう。

第4回 北三陸くじ冬の市
かなり丈夫にできているようです。

第4回 北三陸くじ冬の市
歴通路広場のRED CHILIの「とろ〜りチーズのトマトもつ鍋」。あの甘酸っぱさが忘れられなくて、今回も食べてしまいました。これは本気でおいしいです。

第4回 北三陸くじ冬の市
気になるチュロスを発見。クルミと黒みつを混ぜてチュロスにつけて食べると、まめぶの味だそうです。
原料が原料なだけに、確かにまめぶの味がして驚きました。原価が高そうなのですが、100円でいいんでしょうかw

第4回 北三陸くじ冬の市
まだまだ融けぬ雪。しかし、イベント会場や周辺の歩道を当日まで人力で除雪する人たちがいました。
氷点下の気温で歩道の氷が成長しないように、融雪剤を撒き続ける人たちがいました。
北三陸くじ冬の市は、たくさんの人たちの支えによって生き続ける久慈の冬の元気の源です。

北三陸くじ冬の市 2013 総合案内パンフレット
やませ土風館HP
(一社)久慈市観光物産協会HP

posted by パスイーグル at 21:13 | 岩手 ☀ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

第3回 北三陸くじ冬の市

第3回 北三陸くじ冬の市
氷点下の気温の中、道の駅くじ「やませ土風館」周辺と中心市街地で第3回北三陸くじ冬の市が開催されました。
まずは恒例のお買い物券付き餅まきでスタート。

第3回 北三陸くじ冬の市
餅まきのあとは餅つき。久慈市民は餅が大好きです。

第3回 北三陸くじ冬の市
ついたお餅は、きな粉にまぶしてその場でおふるまい。杵と臼でついたお餅ならではの弾力性を楽しむことができます。

第3回 北三陸くじ冬の市
今日は雪は降っていませんが、会場には雪玉が出現。

第3回 北三陸くじ冬の市
雪玉ストラックアウトの雪玉でした。雪はまだまだたくさんあり、参加者はその場で雪玉を作って投げていました。

第3回 北三陸くじ冬の市
サイコロを3回投げてぞろ目を競う小久慈焼新春運だめし。はずれでも小久慈焼の商品セットがもらえます。
1等は1万数千円相当の小久慈焼豪華商品セット。撮影時には、1等が連続して出ていました。

第3回 北三陸くじ冬の市
やませ土風館に歓声が響いた「あまちゃん」かるた大会。

第3回 北三陸くじ冬の市
かるたは、あまちゃんにちなんだ手づくりのオリジナルです。

第3回 北三陸くじ冬の市
読み手は高校生海女クラブのみなさん。文章もあまちゃんにちなんだオリジナルです。

第3回 北三陸くじ冬の市
子どもたちはみんな真剣。目指す札に一目散に突進します。

第3回 北三陸くじ冬の市
タッチの差で勝敗が分かれます。

第3回 北三陸くじ冬の市
時には同時タッチでじゃんけんになることもありました。

第3回 北三陸くじ冬の市
今回の北三陸くじ冬の市は、短角牛がメイン。もともとうま味のある短角牛の肉を使った短角牛のベゴ汁は、出汁もよく出ます。ざくっとちぎった凍み豆腐(高野豆腐)は、自然の氷点下の気温の中で作られた天然モノ。汁の味はピリ辛。これはおいしいです。

第3回 北三陸くじ冬の市
大きな肉の塊を豪快に焼きあげた短角牛の丸焼き。これを食べると短角牛の赤身のおいしさがはっきりわかります。

第3回 北三陸くじ冬の市
恒例の短角牛の串焼き。うま味が凝縮されたような味わいは串焼きならではのもの。観光客の方にはぜひ味わっていただきたい一品です。

第3回 北三陸くじ冬の市
短角牛のうま味を閉じ込めた短角牛まん。肉の割合が多い具なので、普通の肉まんとは全然違う食感です。肉を食べている確かな食感があり、うま味もはっきり感じます。

北三陸くじ冬の市、次回は年2月23日(日)です。サケ、アワビ、短角牛ときたら、次はあれしかありません。またまた長い行列ができそうです。

北三陸くじ冬の市は、年に4回開催されます。次回は今季最後の冬の市です。開催日程は、総合案内パンフレットをご覧ください。

北三陸くじ冬の市 2013 総合案内パンフレット
やませ土風館HP
(一社)久慈市観光物産協会HP

posted by パスイーグル at 17:55 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

第2回 北三陸くじ冬の市

第2回 北三陸くじ冬の市
晴れ渡る冬空のもと、第2回北三陸くじ冬の市が開催されました。

第2回 北三陸くじ冬の市
そうは言っても気温は2℃。炭火が恋しい季節です。

第2回 北三陸くじ冬の市
イカ焼きも寒くなればなるほど不思議においしく感じます。

第2回 北三陸くじ冬の市
アワビの格安販売。3個で2500円。普通はこの値段では買えません。

第2回 北三陸くじ冬の市
イカ焼きの格安販売。1パイ100円。身が厚いのでプリプリの歯ごたえ。

第2回 北三陸くじ冬の市
アワビのバター焼き。1個800円。この日はアワビもファーストフードになりました。

第2回 北三陸くじ冬の市
歴通路広場で行われたダンスステージ。高校生海女クラブのみなさんも制服で登場。

第2回 北三陸くじ冬の市
左上:野菜たっぷりうまみたっぷりの牛スジ鍋。牛スジっぽい牛スジでおいしかったです。
左下:焼き鳥。肉が大きくて常連さんも抱える歴通路広場入口の焼鳥屋さんです。
右上:RED CHILIのすき昆布入り焼きそばタコス。これはクセになります。また買いました。
右下:やませ土風館内で売っていた新巻鮭。これが無いと年を越せません。

第2回 北三陸くじ冬の市
久慈まめぶ音頭が披露されました。ダンスは、ちびっこあまちゃん隊、高校生海女クラブ、相撲ダンサーズのみなさん。歌は、ゆげみわこさんです。

第2回 北三陸くじ冬の市
会場では、まめぶづくりの実演も行われました。まめぶができていく工程を順を追って見ることができます。

第2回 北三陸くじ冬の市
久慈まめぶ親善大使委嘱状交付式であいさつする山内久慈市長。

第2回 北三陸くじ冬の市
その横であいさつに耳を傾ける片桐はいりさん。

第2回 北三陸くじ冬の市
久慈まめぶ親善大使の衣装に着替え、「あんべちゃん」の掛け声に応えるはいりさん。

第2回 北三陸くじ冬の市
この会場に来る直前まで、やませ土風館で買い物をしていたそうです。

第2回 北三陸くじ冬の市
みんなで記念撮影。掛け声は「うにー」でした。

第2回 北三陸くじ冬の市
まめぶ汁格安販売では、はいりさんもお手伝い。写真撮影にも、はいりスマイルで応じてくれました。

第2回 北三陸くじ冬の市
まめぶ汁を買い求める長い長い列が会場を埋め尽くし、用意された300食は30分ほどで完売しました。

北三陸くじ冬の市、次回は年明けの平成26年1月18日(土)です。サケ、アワビ、ときたら、次はあれでしょう。

北三陸くじ冬の市は、年に4回開催されます。開催日程は、総合案内パンフレットをご覧ください。

北三陸くじ冬の市 2013 総合案内パンフレット
やませ土風館HP
(一社)久慈市観光物産協会HP

posted by パスイーグル at 18:30 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする