2019年02月03日

第2回 北三陸くじ冬の市

2月のくじ冬の市は悪天候になることが多いのですが、今年は春めいた不思議な冬の市となりました。
今日は節分ということもあり、オープニングでは豆まきも行われました。
そして会場には洋野町林郷青年會の「なもみ」も登場。
子どもを見つけるとさっと抱え込み、「親の言うごどーきげよーっ!」と怖い喝を入れていました。
「なもみ」は、秋田県のなまはげに似たもので、無病息災、家内安全、子どもの健やかな成長を願う伝統行事で、約200年の歴史があるといわれています。



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市



第2回 北三陸くじ冬の市

posted by パスイーグル at 18:08 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする