2015年08月22日

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
降り続く雨の一日となりましたが、旧山根小中学校で「山根サマーフェスティバル」が開催されました。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
山根サマーフェスティバルは先日発足した山根六郷の里協議会が主催する初めてのイベントとなります。
山根六郷の里協議会の主な活動としては、廃校となった旧山根小中学校の校舎を地域の拠点として活用し、利用者の要求に応じて運行するスタイルのバス(デマンドバス)の実証実験や地域に準ずる新商品の開発などを行い、山根を元気にしていく活動を行っていきます。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
山根地区の岩魚を利用した弁当や干物、押し寿司などの新商品の発表が会場で行われました。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
右が「山根岩魚寿司」、左が「山根岩魚の干物」。
「山根岩魚寿司」は、岩魚の寿司を食べたいという観光客の声もあり、満を持して誕生しました。
岩魚を丸ごと一尾使った肉厚の「山根岩魚寿司」は岩手県のすし組合でも身がすごくきれいな岩魚だとの評判が高く、シャリも岩手県産のものを使用して地元の食材にこだわった商品になっています。岩魚の押し寿司としては、山岳地帯の一部でしか作られていない全国でも珍しい商品です。
「山根岩魚寿司」と「山根岩魚の干物」は今年の秋ごろには販売される予定とのこと。
「山根岩魚寿司」は新山根温泉べっぴんの湯や道の駅くじ「やませ土風館」のほか、二戸地区での販売も検討中のようです。
「山根岩魚の干物」は冷凍が可能なので、東京の銀座にある岩手県アンテナショップ「いわて銀河プラザ」での取り扱いも行われるかもしれません。
山根地区には北上山地のカルスト地形に染み込んで湧き出た湧水が豊富に存在し、「山根名水四十八泉」として知られています。ミネラルを豊富に含んだ湧水はやがて清流となり、山根地区の名物である岩魚を育てます。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
山根サマーフェスティバルの会場では、試食350食分の「山根岩魚寿司」が用意されました。
山根と言ったら岩魚寿司、そう呼べる日は遠くないかもしれません。まだ正式発売前ですが、これはかなり期待できる商品です。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
ドンアルマスのコンサートも行われました。音楽としてのフラメンコギターです。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
撮影当日は自分は寝不足でしたが、これを聴いて目が覚めました。最高です。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
ぴりか焼きの陶芸づくり。色塗りの段階のようです。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
アマリン!欲しいw

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
板原健介さんの写真教室。撮影会も行われました。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
ステンドグラス教室。今日の旧山根小中学校はどこに行っても楽しいです。

山根岩魚(イワナ)寿司発表!山根サマーフェスティバル
スポーツ吹矢教室。これは大人にも人気でした。

今日の旧山根小中学校は、いろいろなことを楽しく学べる学校の姿をしていました。地域の拠点としての新しい役割を担い、楽しい場所になっていけばいいと思います。

[ここに地図が表示されます]
posted by パスイーグル at 21:48 | 岩手 ☁ | 新山根温泉べっぴんの湯周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする