2011年10月16日

やませ土風館 山海里の県産豚角煮丼

やませ土風館 山海里の県産豚角煮丼
とろける豚肉で評判の県産豚角煮丼。ついに実食。

やませ土風館 山海里の県産豚角煮丼
かなり大きめに切られた豚肉は、文字通り「肉」「脂」「肉」「脂」。この大きな肉の塊を一気に口の中に入れると、ツルンと形が無くなります。それほど柔らかいこの大きな肉の塊は薄味風味なので、県産豚肉本来のうま味を感じます。
脂も全くくせのない味わいで、角煮のおいしさを十分に堪能できます。
県産豚角煮丼は、道の駅くじ やませ土風館の中にある山海里(さんかいり)で食べることができます。

地場食材レストラン山海里

やませ土風館 山海里の県産豚角煮丼
今日は、久慈市の地サイダー「光泉サイダー」もいただきました。
甘過ぎない味で微炭酸なので、これは食事のときにも合うと思います。
このサイダーは、私が物心をついたころにはすでに販売されていた歴史あるサイダーです。昭和の素朴な味は、今もなおたくさんの人たちの間で喜ばれています。

道の駅くじ やませ土風館HP

posted by 管理人 at 06:23 | 岩手 ☁ | やませ土風館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする