2011年07月07日

新山根温泉べっぴんの湯の行者にんにくざる中華

べっぴんの湯の行者にんにくざる中華
pH10.8の強アルカリの湯でつるつるすべすべになったあとに食べたくなるのが、新発売の行者にんにくざる中華。暑い夏を涼みながらスタミナをつけるにはもってこいのメニューです。

べっぴんの湯の行者にんにくざる中華
行者にんにくを練り込んだ麺は、色だけでなく風味もほんのりにんにくの香り。薬味は、ほど良く漬けこまれた行者にんにくがメイン。夏の暑さも吹っ飛ぶほどの爽快感です。手作りされたものだけにある素材そのものの風味と香り、これは傑作だと思います。

べっぴんの湯の行者にんにくざる中華
プラス100円でコーヒーか豆腐田楽がつくので、豆腐田楽をたのみました。
山根地方独特の硬めの豆腐に塗られているのは、手作りのにんにく味噌。これまた良い香りで、ほのぼのとした田舎料理を堪能できます。

明日から虫採りと蕎麦うちが体験できる新プランもスタートするべっぴんの湯、夏休みの思い出をしっかり刻むことのできる名所でもあります。

新山根温泉べっぴんの湯ホームページ



posted by 管理人 at 13:40 | 岩手 ☁ | 新山根温泉べっぴんの湯周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。