2011年02月22日

ご当地どんぶり発表会「琥珀丼」「開運丼」

ご当地どんぶり発表会「琥珀丼」「開運丼」
道の駅くじ やませ土風館で、ご当地どんぶり発表会が行われました。

ご当地どんぶり発表会「琥珀丼」「開運丼」
このご当地どんぶりは、やませ土風館の「地場食材レストラン山海里」でまもなく発売になる琥珀丼開運丼の2種、食材や味はもちろん、食べる楽しみまで体験できる創意工夫のどんぶりメニューです。

ご当地どんぶり発表会「琥珀丼」「開運丼」
こちらが琥珀丼。久慈地方の山・里・海の食材をこれひとつで一気に味わえる贅沢などんぶりです。新鮮な海の幸を食べ進むと見えてくるのがうにごはん。北三陸の磯の香りがお口いっぱいに広がります。さらに食べ進むと次に見えるのがほうれんそう。北三陸のワカメと同様に、厚くてやわらかい味わいのある特産品です。さらにさらに食べ進むと…。
出た!短角牛ステーキ登場!ついにお宝発見です。赤身本来の肉のうま味はそのままに、じっくりとたれが染み込んだその肉の味は、琥珀丼をしめくくる最後の主役を見事に演じていました。
お吸い物は、しいたけのエキスがよく出たすまし汁の中に、ほうれんそう、しいたけ、そしてまめぶが入っています。

ご当地どんぶり発表会「琥珀丼」「開運丼」
琥珀色に輝くいくらが中央に陣取ります。甘塩のいくらなので、いくら本来の味も堪能できます。

ご当地どんぶり発表会「琥珀丼」「開運丼」
こちらが開運丼。久慈だけにクジということで開運丼。開運みくじの引換券までついてくるので、運だめしをしたい人は開運丼を食べて運を呼びましょう。
まずエビ天。プリプリ柔らかい歯ごたえで、この時点ですでに幸せが舞い込んだ気持ちになります。そして魚介のかきあげは、具のうま味が衣にまで染み込んだような大満足の味。歯ごたえもサクサクで上質なかきあげです。
特筆すべきことは、かかっているタレ。甘さとしょっぱさのバランスの完成度が高く、主役の具を脇から支える助演賞モノです。

ご当地どんぶり発表会「琥珀丼」「開運丼」
プリプリとサクサク。歯ごたえだけでも楽しくなるこの開運丼、こういう楽しい時間にこそ幸運が訪れるのかもしれません。

この琥珀丼開運丼は、2月25日(金)より、道の駅くじ やませ土風館の「地場食材レストラン山海里」で発売開始となります。
いよいよ久慈市にも登場する2つのご当地どんぶり、久慈に来ることがあったら素通りできない超ド級のメニューです。

詳しい情報は、道の駅くじ やませ土風館HPまで。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 久慈情報へ
posted by 管理人 at 16:35 | 岩手 | やませ土風館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする