2008年12月17日

北国の冬の風物詩、新巻鮭

土風館の新巻鮭

久慈地方の冬の風物詩である新巻鮭(あらまきざけ)が、やませ土風館の入口で売られています。
秋に大量に獲れるサケを冬の保存食にしようと、昔の人が考えだした新巻鮭は、今ではどこの家庭でも普通に食べる冬の食材です。
寒風干しで身もしまり、うま味もひきしまって、ご飯のおかずには最適です。
紅白歌合戦を観ながら新巻鮭をつつく。
北国の暮れは、ゆっくりと流れていきます。
posted by 管理人 at 11:00 | 岩手 ☀ | Comment(0) | その他のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。