2014年12月23日

第2回 北三陸くじ冬の市

第2回 北三陸くじ冬の市
昨晩の積雪はわずかでしたが、氷点下の気温では全く解けません。今日は西からの季節風が非常に強く、最大瞬間風速23.6mを記録する荒れた日でしたが、冬の市の店舗もテントを調整するなどの対策をとり、いつものようにおいしい冬の市となりました。

第2回 北三陸くじ冬の市
肉厚で大型のアワビのバター焼き。北三陸ならではの豪快な冬の味です。

第2回 北三陸くじ冬の市
こちらも大型でプリプリのホタテ焼き。甘みも増してます。

第2回 北三陸くじ冬の市
定番のイカ焼き。毎回好評の庶民の味です。

第2回 北三陸くじ冬の市
冷凍アワビの販売。3個で2,500円。大きさは期待通りの大型でした。

第2回 北三陸くじ冬の市
市日もすっかり年の瀬の雰囲気になりました。干物などの魚介類の他、クルミ、小豆、としなも並びます。

第2回 北三陸くじ冬の市
久慈地方の乾燥した冷たい季節風で干し上げられる干物は、どれもうま味が凝縮していて本当においしいです。

第2回 北三陸くじ冬の市
道の駅くじ「やませ土風館」の歴通路広場にあるRED CHILIの冬の市限定商品「つくねチーズバゲット」。
表面カリカリで中ふんわりの厚切りスライスパンの中に、トロトロチーズが隠れています。その上に乗せられた軟骨入りつくねはほど良く焦げ目がつき、さらにその上にケチャップマヨネーズがかかっています。
今回もRED CHILIマジックが炸裂してました。歯ごたえや味や粘度がそれぞれ3種類以上存在し、それらの結合が最適化されているかんじ。唇に触れた瞬間からのどを通るまでが味だとすれば、その全過程において"おいしい"が続きます。作り出した人のセンスを感じる逸品です。

第2回 北三陸くじ冬の市
土風館の中もすっかり年の瀬。地元の人も普通に買い物をしています。

第2回 北三陸くじ冬の市
街の空気の匂いも年の瀬。色もどことなく冬のスペクトル。

第2回 北三陸くじ冬の市
次回の北三陸くじ冬の市は、1月18日(日)10:00〜14:00です。
今年も閲覧いただき、ありがとうございました。どうか良い年をお迎えください。

[ここに地図が表示されます]
posted by パスイーグル at 15:26 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする