2012年01月28日

第3回 北三陸くじ冬の市

第3回 北三陸くじ冬の市
氷点下5℃。始まった直後は晴れていましたが、次第に大粒の雪が落ちてきました。
第3回北三陸くじ冬の市、ご当地グルメをずらりと取り揃えての開幕です。

第3回 北三陸くじ冬の市
新春もちつき、お年玉付きもちまき、そして神楽舞いなどで賑わいます。

第3回 北三陸くじ冬の市
ご当地グルメを味わう前に、まずは体を温めます。たっぷりのホイップクリームにチョコをトッピングしたホットコーヒー。その場で豆からいれるので、コーヒーの風味が生きています。
前回の冬の市のときにすっかりファンになり、またもや飲んでしまいました。今回も代官山の味でした。

第3回 北三陸くじ冬の市
まめコロどん定食。これは、久慈まめぶ汁と北上コロッケといわてまち焼きうどんの3種を一度に味わえる格安メニューです。今回は食べたいものが多いので、こういうサービスは大歓迎です。
やはり、有名なものは味にセンスがあります。ただ者ではない味なので、今回もおいしくいただきました。

第3回 北三陸くじ冬の市
こちらは、八幡平あぶら汁と蕎麦かた焼きそばのセット。炒めた豆腐が入っているあぶら汁は、あっさりの中にこってりが入っている不思議な感覚。蕎麦のかた焼きそばは硬さもちょうど良く、甘しょっぱさがいいかんじです。わさびを入れるとさらにおいしくなります。

第3回 北三陸くじ冬の市
二戸のへっちょこだんご。舌で感じるだんごの繊維感が最高です。あんこの甘さも程よく、まったりできる味です。今回はオマケにせんべいも付いてきました。

第3回 北三陸くじ冬の市
いちのせきハラミ焼き。鳥の首の部分の肉を使用していることもあり、肉の食感が淡白です。それでいてうま味も感じ、これはまた食べたい一品でした。

第3回 北三陸くじ冬の市
短時間のうちに1cmは積もりました。風も吹いてきて軽く吹雪状態です。

第3回 北三陸くじ冬の市
やませ土風館の中では、姉妹都市交流ランドが開催されていました。

第3回 北三陸くじ冬の市
琥珀絵を衝動買い。樹木の葉の部分に小さな琥珀がたくさん貼られています。
横のお菓子はオマケにいただいたベルギーなどの外国のお菓子ミックスです。

第3回 北三陸くじ冬の市
前回好評だったお菓子のつめ放題。袋が破けないように上手に詰め込みます。

第3回 北三陸くじ冬の市
完璧です。これだけ入るのなら、自分も参加したいほどでした。

第3回 北三陸くじ冬の市
歴通路広場では、ゆげみわこさんのライブも行われました。今回の冬の市は、中身がすごく濃いです。

第3回 北三陸くじ冬の市
市日通りでは、季節の食材や生活用品などの店がたくさん出ていました。
乾燥した冷たい自然の空気の中で干された魚の干物は、うま味が凝縮していて冬の郷土食となっています。中でも新巻鮭は定番中の定番です。

第3回 北三陸くじ冬の市
北日本銀行駐車場では、何やら行列のもよう。

第3回 北三陸くじ冬の市
山形村短角牛ちょいフィレステーキ1食100円。撮影を中断してでも並んで食べたかったのですが、今日はあまりにもたくさん食べすぎました。もう入りません。無念。

第3回 北三陸くじ冬の市
食べすぎだニャ。
やませ土風館に最近よく現れるネコに忠告をいただきました。すごく馴れているネコです。

冬の市開催期間はどうしても少し太るのですが、今回もやはり太りそうです。おいしいものがありすぎです。最高です。

北三陸くじ冬の市、次回は平成24年2月18日(土)「海鮮市」 です。
久慈ならではのど真ん中企画、また満腹になりそうです。






posted by パスイーグル at 16:22 | 岩手 ☁ | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

リアコン7、久慈市で開催!

20120120.jpg
(画像使用承認済 リアコン7実行委員会事務局)

地域活性化や地域振興のために、今や全国で日々開催されている街コン
その街コンが、久慈市でも開催されることになりました。
人と人とのつながりは元気の結集、小さな活力を大きな活力にして街が元気になっていけばいいなと思います。

リアス街コンフェス700、通称リアコン7seven、4月29日(日)開催。現在参加申込受付中です。

リアコン7公式Webサイト

リアコン7公式モバイルサイトはこちら。
3.gif
posted by パスイーグル at 18:12 | 岩手 ☁ | その他のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
タグ:新年
posted by パスイーグル at 01:00 | 岩手 ☁ | その他のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする