2009年12月23日

第2回 北三陸くじ冬の市

第2回 北三陸くじ冬の市
残雪が融けない年末の久慈市ですが、天気は晴れです。
道の駅くじ やませ土風館周辺で北三陸くじ冬の市が開催されました。

第2回 北三陸くじ冬の市
今回の北三陸くじ冬の市のテーマは、短角牛まつりです。

第2回 北三陸くじ冬の市
この季節にうれしいおでんも登場。

第2回 北三陸くじ冬の市
肉汁がジュワっと入った短角牛メンチカツ、肉のうま味が溶け込んだ短角牛コロッケ、右上はカニの甲羅に入ったクリーミーなホタテグラタン。ホタテがころころ入っています。

第2回 北三陸くじ冬の市
厚切りの肉が入った短角牛丼、あっさり塩味の短角牛ラーメン、具だくさんの短角牛カレー、左下は恒例の豆腐田楽。
短角牛は肉自体の味がいいので、どれもおいしくいただけました。
今日は11時ごろには満腹警報発令となり、おいしすぎてうれしい悲鳴でした。

第2回 北三陸くじ冬の市
やませ土風館では、海女のバーチャル体験が行われました。

第2回 北三陸くじ冬の市
海に潜ってウニを獲ってくる3Dゲームです。海女の視点で見る海の中を体験することができます。

第2回 北三陸くじ冬の市
子供服の無料交換会には、たくさんの子供服や靴が並びました。

第2回 北三陸くじ冬の市
市日も年越しの食材を買い求める市民で、ごった返しています。

第2回 北三陸くじ冬の市
久慈市もいよいよ年末の雰囲気が漂ってきました。

次回の北三陸くじ冬の市は、平成22年1月23日(土)10:00〜14:00です。
テーマは「アワビまつり」、これは行くしかないでしょう(^O^)/
posted by パスイーグル at 13:42 | 岩手 🌁 | 北三陸くじ冬の市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

久慈で比内地鶏を食べる

久慈で比内地鶏を食べる
本場秋田の比内地鶏を食べることができるお店が、久慈市の駅前にオープンしました。
秋田比内や久慈店。知る人ぞ知る比内やです。
久慈にいながら比内地鶏をおいしくいただけるとは、これはうれしいニュースです。

久慈で比内地鶏を食べる
さっそくいただいたのは、究極比内地鶏親子丼 980円。
ふんわり玉子の中に、比内地鶏がたくさん隠れています。
やはり、肉の味が比内地鶏でした。風味のすべてが「おいしい」という方向に向いており、特に脂の味がたまりません。

久慈で比内地鶏を食べる
食感はジューシーそのもの。おいしすぎです。
メニューは、親子丼・ざるそば・かけそば・天ぷらを組み合わせたものが主体となっており、いろいろ少しずつ食べたいといった方にはぴったりです。
お酒のメニューも豊富なので、ちょっと一杯で寄るのもいいかもしれません。

比内地鶏は日本三大美味鶏のひとつで、飼料、飼育方法、飼育期間に統一した基準を定めながら、昔ながらの放し飼いで育てられます。
食べてみていちばん違いがわかるのは、噛めば噛むほど感じられるうま味と風味。比内地鶏を食べるときは、普段より多く噛んでみましょう。
比内地鶏がなぜブランドになっているか、それは食べてみればわかります。

比内や久慈店の営業時間は、昼の部が11:30〜15:00、夜の部が17:30〜22:00。昼の部ではコーヒーやジュースがセルフサービスとなっており、ランチタイムを満喫できそうです。

posted by パスイーグル at 20:53 | 岩手 ☁ | その他のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする